企業概要

創業のおもい

きっかけ

出身地である山口市秋穂地域の人口減少による危機感から「生まれ育った山口、秋穂に対して何ができるのか。」と考えたのが創業のきっかけです。東京に就職した当初から「いつかはUターンで山口に」と考えていました。地方創生のために何をすればいいのかを考えた時に「まちづくりは、ひとづくり」という結論に至り、アントレプレナーシップと専門力をもった地方創生の関係人口を増やすことが重要だと考えキャリア教育を始めることとしました。また、山口県は事業承継の後継者不在率74.7%(全国ワースト3位※)という現状があり、税理士として多くの事業承継案件に関わった実績を活かし山口県全体の活性化に貢献します。
※2019年 株式会社帝国データバンク調べ

まちづくりを考える上で、ひとづくりを行うことが最優先で取り組むべき社会課題であると考えています。 ひとづくりに取り組む意義は地域を取り巻く社会的背景にあります。それは、少子高齢化や人口減少という社会問題に起因して大小様々な地域課題が発生している状況にあります。 まちづくりを考える上では、長期的な視点で持続可能な成長を実現することが重要であるため、社会的背景を克服し地域課題を解決できる人材を育成することがまちづくりに繋がると考えています。 単に起業家を増やすのではなく、起業家に限らないアントレプレナーシップを持った人材が増えることで、社会に新しい価値を生み出したり、雇用機会を創出したりする効果が期待されます。 このことは、経済成長や消費拡大、人口減少の抑制につながり、結果として地方創生のための好循環につながると考えています。

また、会計は世の中の経済取引を客観的に測定可能な数字で表現したもののため、起業家はもとよりアントレプレナーシップを持ってビジネスを行う者にとって不可欠なスキルでもあります。 将来的に、AIやIoT、RPAなどの技術が普及し、基本的な事務作業や単純作業は全てロボットに取って代わられるようになれば、より高い専門性が求められたり、自ら仕事を創り出す能力が求められたりするようになります。そのような時代に備えて、今からキャリアを考え学んでいくことが未来を担う子供達にとっても、地方の持続可能な成長の観点からも必要だと思われます。

代表税理士:清水 敦也

 

屋号「ジダイオ」について

屋号の「ジダイオ」は「時代・次代(ジダイ)」と「秋穂(アイオ)」の造語です。「時代」には、自らが主体性を持ってその時代を創っていく、創っていく人材を育成するという想いを込めています。
「次代」には教育事業を行う上で、将来を担う次代を育成するという想いがあります。また、「秋穂」は出身地であり創業のきっかけになったことから、初心を忘れず地域とともに生きるという想いを込めています。

会社案内

会社名 ジダイオ税理士事務所
代表 清水 敦也
所在地 〒753-0087 山口県山口市米屋町2-7
TEL 083-901-5511
FAX 083-901-5522
営業時間 9:30-18:30
定休日 土日祝日
事業内容 税理士業、教育・学習支援業
許可番号 税理士(登録番号:138213)

山口市中心商店街の中、mirai365の建物内にございます。
お車でご来社の際は、お近くのコインパーキングへお停めいただきますようお願い申し上げます。
(最寄りの駐車場は米屋町駐車場となります。)